テアニンサプリメントによって睡眠が改善する!?その効能について

テアニンの睡眠改善効果について


はじめに

本日もサプリメントシリーズです。

しばらくサプリメントの記事が続きそうです、サプリメントってたくさんある上に効果も一個の商品につきたくさんあるんで記事にしたくなっちゃうんですw

しかも、医薬品と違ってサプリメントって近所の薬局やネットで気軽に買えるのがいいですよね。

さて、テアニンによる認知症予防効果と精神症状への効果については既に記事にしましたが、本日は睡眠改善効果についての論文について調べてみました。

どうやら睡眠についても効果がありそうです。

ところで皆さん一日何時間くらい睡眠をとっていますか?僕は8時間です、平均くらいでしょうか。

極端に少ない人、多い人もいるかと思いますが、大体は68時間くらいの睡眠をとっているのではないでしょうか。

人間って1日の3分の1くらいは睡眠をとっているんですよね、つまりは人生の3分の1は睡眠な訳です。

にも関わらず5人に1人が不眠を経験していると言われます。

人生の3分の1を占める睡眠に苦痛を感じるのは相当に辛いと思います・・・。

そんな睡眠が身近にあるサプリメントで改善したら嬉しいですよね。

テアニンの効果

テアニンは緑茶に含まれる物質です。

テアニンを口から摂取することによって、リラックスの指標となる脳波α波が30分以降から誘発され、マウスによる試験によってテアニンはカフェインによる自律神経系の興奮作用を抑制することが知られています。

α波が増えることによって、リラックスしスムースに入眠できるようになるというのがイメージできますね。

今回調べた論文も青年男性に対し、テアニンを睡眠前に飲んでもらい心理的評価技術と活動量の連続記録によって睡眠の効果を検討したものです。

実験について

今回の実験は、健常日勤男性25歳−36歳13名と、健常男子大学生・大学院生20歳−33歳13名が対象となりました。

全員に睡眠の問題や過去の病気、精神的問題がないことを確認されています。

普段通りの生活をしてもらい、睡眠が乱れるような昼寝や運動、アルコールやカフェインなどを控えてもらい、テアニン200mg/日とプラセボを6日ずつ飲んでもらったとのことです。

テアニンとプラセボの間には1日の効果消失期間をおいています。

ちなみにプラセボとは有効成分を含まない物質です。

起床時に睡眠内省評価と心理評価によって睡眠の自覚的評価が行われ、実験期間中はアクチグラフによって活動が評価され、他覚的にも活動と睡眠のバランスが評価されました。

結果について

体調不良などの理由で除外されたメンバーを除いて、プラセボと比較すると顕著に睡眠の改善効果を認めたそうです。

具体的には、起床時の爽快感、熟眠感、疲労回復感がプラセボよりも回復していました。

また、入眠感に関しても男子学生10名について検討され、10名中7名がプラセボよりもテアニン摂取時の方がより良好な入眠経過であったと報告されています。

アクチグラフにおける他覚的な評価では、入眠に関してはプラセボとテアニンで差はありませんでした。

これはそもそも健康体者が対象となっており、入眠については全員良好であったと推察されています。

中途覚醒に関してはテアニン摂取した群の方が、明らかに減っていたという結果でした。

対象となった実験の数は多くないとはいえ、テアニンを摂取すると自覚的にも起床時の爽快感、熟眠感、疲労回復感が向上するようですね。

他覚的には入眠は大きく変わらないかもしれませんが、中途覚醒は改善しそうです。

僕個人的には実験の期間が長くないにも関わらずこうした結果が出るというのは即効性もあるのかな?と思いました。

まとめ

本日はテアニンによる睡眠改善効果に関しての記事でした。

認知症予防、精神症状改善の効果も凄いですけど、睡眠改善も同じくらい驚きの効果ですよね!

もともとテアニンはα波を増やしてリラックスを導くということは言われていますが、この実験結果を見ても睡眠の質が改善しそうだと思いませんか?

しかも、健常人が対象となっているにも関わらず有効な結果が出ているということは、睡眠に問題がある人に対しても効果があるのでは?と考えてしまいます。

もし睡眠に悩みがあって、睡眠薬を飲みたくない、あるいは睡眠薬を既に飲んでいるけども睡眠の質をもう少し上げたいと考えている人は、テアニンの摂取を考えてもいいかもしれませんね。

テアニンサプリメントは国内国外問わず簡単に入手できるはずです。

人生の三分の一を占める睡眠ですから、睡眠の悩みは皆が解決したい悩みだしそうなるといいなと思っています。

テアニンの精神症状の改善についてはこちら

関連記事

Free-Photos / Pixabay ・テアニンの向精神作用について ・はじめに 本日もサプリメントの記事にしようと思います。 サプリメントって調べれば調べるほど今まで知らなかった効能出てくるんで面白いです。[…]


テアニンのPMS/PMDDへの効果についてはこちら
関連記事

silviarita / Pixabay テアニンのPMS改善効果について はじめに 本日はサプリメントについての記事にしたいと思います。テアニンの精神症状の改善効果についてはすでに書きましたが、先日PMSについての記事[…]

参考文献:
小関 誠・レカ・ラジュ・ジュネジャ・白川 修一郎他.アクチグラフを用いたL-テアニンの睡眠改善効果の改善の検討.日本生理人類学会誌 2004;9(4):143-150