PMSの症状がテアニンサプリメントによって軽減するかも

テアニンのPMS改善効果について

はじめに

本日はサプリメントについての記事にしたいと思います。
テアニンの精神症状の改善効果についてはすでに書きましたが、先日PMSについての記事も書いたので、テアニンとPMSについての論文を探してみました。

PMSについて詳しくはこちら

関連記事

darksouls1 / Pixabay PMSとPMDDについて はじめに 本日はPMSとPMDDについての記事にしようと思います。PMS、PMDDってなんだ?と思う方もいるかもしれません。PMSは月経前症候群(pre[…]

テアニンは緑茶の成分で、サプリメントとして使っている人も多いかと思います。
論文によるとテアニンによってPMSの精神症状だけでなく体の症状にも効果があるようです。

実験について

実験は22歳から49歳の未婚, 又は妊娠を予定していない既婚の就業女性25 名が対象となりました。
期間は月経期間で三週間とし、3周期にわたりPMSメモリーへ の記録と基礎体温値が記録されました。
第一周期目は何も服用しない期間で、体温の測定とPMSメモリーによるPMS症状の有無が確認されました。
試験は年齢において均等になるように分けられ、A群とB群に分けられました。

A群は第一周期がサンプル無摂取、第二周期にテアニン摂取、第三周期にプラセボを摂取しました。プラセボとは有効成分を一切含まない物質です。
B群は第一周期がサンプル無摂取、第二周期にプラセボ摂取、第三周期にテアニンを摂取しました。

サンプルはレテアニン(太陽化学 (株)製、商品名サンテアニン)を含む錠剤((株)日本榮研製) が用いられました。
サンプル1錠250mgの中には50mgのL-テアニンが含まれています。
これを一日2回食間(午前10時、午後3時)に2錠ずつ飲んでもらいました(4錠/日、200mg/日)。

また、実験は基礎体温により排卵日が判断され、排卵日から月経開始日まで約二週間サンプルを飲んでもらう方法が取られました。

結果について

PMSメモリーとMDQという質問票によって心身の症状がどのように変化したか評価されました。
サンプルを中断、うまく摂取できていない人や記録が完全でない人が除かれ計17名で結果が出されました。
MDQの平均スコアはプラセボ摂取期間は17.6± 3.7点 であったのに対し、テアニン摂取期間は10.0±2.1点 で症状が軽減していることがわかりました。
PMSメモリーに関してはプラセボ摂取期間は16.1±2.3点 に対し、テアニン摂取期間は10.9±1.8点 であり、症状の改善がMDQと同様に確認されました。

「頭 痛」,「疲れやすい」,「腰痛」,「怒りやすい」,「物事が 面倒くさくなる」,「1人でいたい」,「集中できな い」,「攻撃的になる」,「便秘」,「いつ も通り仕事が できない」, 「乳房が痛い」及び「無気力」が改善されている傾向にありました。
特に「腰痛」, 「物事が面倒くさくなる」及び「いつ も通り仕事ができない 」の 3症状におい てはL一 テアニ ン摂取により症状の消失が確認できたということです。

なぜテアニンがPMS症状を改善するのか

L-テアニンを摂取することによりα波の増加によるリラッ クス効果はすでに多く知られています。
この論文の筆者はL一テアニ ンは脳へ の作用が確 認されていることから,L一テアニ ンが脳に何らか の作用をすることによりPMS時のイライラ 、憂うつ等の精神的症状をL一テアニ ンが改善するのではないかと推 察しました。
ま た ,L 一グ ルタミン 酸は中枢神経系の最も普遍的な興奮性伝達物質の 一つ で あり,痛みの神経路を構成する神経の中にグルタミン酸作動神経が存在する可能性が非常に高い と されているそうです。
L一テアニ ンはL一グルタミン酸に構造が似ていることや,虚血性神経障害におけるグ ルタミン酸濃度の上昇による神経細胞死をL一テアニ ンが抑制すること25等から,L一テアニ ンが PMS時の鎮痛等の身体的症状に効果があるのではないかと考えられたそうです。

ちょっと小難しい話になってきてしまいましたね・・・
要はL-グルタミン酸の構造にL-テアニンが似ていることから、PMSの痛みに効果があるのではと考察されているようですね!

まとめ

本日はテアニンとPMS症状の改善についてでした。

PMSの頭痛や腰痛、便秘といった体の症状だけでなく、億劫感や集中できない、怒りっぽいといった精神面への改善も期待できるようですね!
テアニンサプリメントはドラッグストアやネット通販でも手に入りやすいですし、試してみると効果ありかもしれませんね。

テアニンの精神症状の改善はこちら

関連記事

Free-Photos / Pixabay ・テアニンの向精神作用について ・はじめに 本日もサプリメントの記事にしようと思います。 サプリメントって調べれば調べるほど今まで知らなかった効能出てくるんで面白いです。[…]

参考文献:
上田 智子・小関 誠・大久保 勉他.PMS と健康食品-L一テアニ ンの月経前症候群改善効果に関する研究 -.日本女性心身医学界雑誌 2001;6(2):234-239