オメガ脂肪酸(DHA,EPA)サプリメント摂取で起きる良い事

ω(オメガ)3系脂肪酸(EPA,DHA)について


はじめに

本日もサプリメント関連の記事について書きたいと思います。

みなさんω系脂肪酸って聞いたことありますか?

あまり馴染みのない人でも、DHAやWPAに関しては聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

そう、青魚に含まれている脂肪酸の一種です。

僕もなんとなくは体に良さそうだなということは知っていましたが、あまり詳しく効能について知りませんでした・・・。

そういえば、アメリカに来て魚を全然食べていないことに今気がつきましたw
ほとんど肉(しかもチキンが大半)ばかりです。

チキン、サラダ、ライスの組み合わせが一番多いですね。
魚はこっちに来て一回も食べていません。

最近体調があまり良くないのは、魚を食べていないからかもしれませんw

魚に含まれるω系脂肪酸は健康に良い効能がたくさんあるようです。

そのため、今日はω系脂肪酸についての論文を調べてみたので、その効能について詳しく記事にしたいと思います。

ω系脂肪酸は心臓、血管、脳、腸に対する様々な効能を持っており、アンチエイジングに効果的なようですよ!

ω(オメガ)脂肪酸とは

脂肪酸は大きく分けると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

不飽和脂肪酸は更にω3系脂肪酸とω6系脂肪酸などの多価飽和脂肪酸と、ω9系脂肪酸などの一価不飽和脂肪酸に分けられます。

ω(オメガ)3系脂肪酸(主にαリノレン酸)

α-リノレン酸は、人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。

α-リノレン酸は、体内に入ったあと、代謝されてEPA、DHAとなります。

ω(オメガ)6系脂肪酸(主にリノール酸)

代表的な脂肪酸としてはリノール酸があり、リノール酸は、人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。

血中のコレステロール濃度を下げると言われています。

リノール酸はコーンや大豆のような種子に多く含まれます。

ω(オメガ)9系脂肪酸

代表的な脂肪酸としてはオレイン酸があり、オレイン酸は、油から取り入れるほか、体内でも合成されます。

血中の善玉コレステロールはそのままで、悪玉コレステロール濃度を下げると言われています。

ω(オメガ)3系脂肪酸を含む食品、食べ物

αリノレン酸はくるみ(28g)あたり2.5g含まれ、なたね油小さじ一杯に0.4g、アマニ油小さじ一杯あたり2.3g、大豆1/2カップに1.4g含まれています。
くるみに多く含まれているんですね。

EPAとDHAはそれぞれ100gあたりに、ニシンに1.6g、サバに1.2g、天然鮭に0.6g、ツナ缶に0.5g含まれています。
ニシンに多く含まれているようですね。

ω(オメガ)3系脂肪酸(DHA,EPA)の効果

ω3系脂肪酸(DHA、EPA)には脂質代謝の改善に加え、血小板抑制、血管内皮機能、血管弾性の改善、血圧低下、不整脈の抑制、心不全の改善、抗炎症などといった様々な効果があると言われています。

2015年国民栄養調査では、18歳以上のEPA+DHAの平均摂取量は510mgで、推奨量の1000mgにはるかに及ばないそうです。

ω3系脂肪酸が足りているのかをみる指標として、EPA/AA比というものがあります。

EPA/AA比が0.59以上と高い群は、0.29未満の群に比べて有意に心血管イベントが少ない事が報告されているとのことです。

この論文の作者によると、EPA/AA比はEPA含有量に応じて直線的に上昇し、EPA/AA比を0.1上昇させるにはEPAを235mg摂取すればいい事がわかったそうです。

ω3系脂肪酸サプリメントであるオメガ3系脂肪酸プラス(EPA350mg+DHA148mg)を高コレステロールの患者さんに摂取してもらった実験があります。

8ヶ月の実験期間で、このサプリメントの効果によってFMD、DHA、EPA/AA比、中性脂肪の有意な改善がみられサプリメントのω3系脂肪酸の含有量でも十分に効果がある事が示されました。

まとめ

本日は青魚によく含まれるオメガ3系脂肪酸であるDHA,EPAについての記事でした。

現代人は魚の摂取量が足りていないと言われているので、オメガ3系脂肪酸が足りていない人もたくさんいるはずです。

僕も間違いなく足りていないので、意識的に魚を食べるかサプリメントを取らなくてはと思いました。

DHAやEPAは脂質代謝の改善に加えて様々な効果がある事がわかりましたね。

魚の摂取量が欧米人と比べて多いと言われている日本人でも、魚の摂取量が多いほど心血管系の死亡率が減る事が報告されています。

もし魚が足りていない人でも積極的にサプリメントで補うことによって、脂質代謝、血管系のリスクやその他様々な有効性を実感できるかもしれませんよ!

参考文献:
中島 考哉.アンチエイジングに欠かせないサプリメント療法~元気で長生きするために~ .アンチエイジング医学 2018;14(6):783-789