【どちらに当てはまる?】内向的HSPと外交的HSPの特徴について

あなたはどっち?内向的HSP or 外交的HSP”

しょう
こんにちは!精神科医しょうです。

「私は内向的な性格でHSPだけど、あの人はとても外交的。でもあの人もHSPと言っている。私とは全然性格違うのに。」

こうお話する患者さんに外来で出会った事があります。

HSPって内向的なタイプだけじゃなくて、外交的なHSPってありえるの?」

こう思う方もいるかもしれません。

結論としては、ありえるんです!

HSPには内向的タイプと外交的タイプがいるんですね。

一口にHSPといっても、皆が全く同じというわけではありません。

HSP70%が内向的タイプで、30%が外交的タイプと言われています。

多くのHSPのタイプが内向的ではあるのですが、その中でも外交的タイプも存在するんですね。

確かに外来をやっていると、自らHSPとおっしゃる患者さんの大半が内向的タイプな印象にある一方で、「私は外交的HSP」ですと言う方にも少なからず出会ったことがあります。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

本日は、内向的タイプと外交的タイプの特徴についてお話します。

内向的HSPと外交的HSPの特徴

  • 一人で過ごす時間が長くても大丈夫
  • 一人遊びがうまい
  • 集団や大きなパーティが好きでない
  • 人嫌いではないが、少人数が好き
  • 社交的
  • 人見知りしない
  • 人前でのスピーチに抵抗がない
  • 新しい出会いが好き
  • 交際範囲が広い

いかがでしたでしょうか?外交的HSPに当てはまった方もいればそうでない方もいるかもしれません。

HSPの提唱者のアーロン博士いわく、育った環境によって内向的or外交的HSPになっていったのではと言っています。

外交的HSPは社交的であるがゆえ、集団やグループで過ごす機会が多く、その刺激の多さによって疲弊してしまう事が多いんですね。その上、外交的な分、周囲からはHSP気質を持っていると思われず、本人は周囲とのギャップに苦しんでいることも少なくありません。

外交的とはいえ、HSPの「繊細・敏感・感受性豊か」な気質を持っているため、ストレスを受け取りやすいんです。

まとめ

本日は、内向的HSPと外交的HSPについてのお話でした。

あなたはどちらに当てはまりそうですか?

内向的、外交的HSPのあなたの特徴を、教えてもらえると嬉しいです。

もし良ければコメントで教えてくださいね!コメントにて共感し、安心する方も沢山いるんですよ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう