【ふとした言葉が気になる方は必見】HSPは傷つきやすい?気になっちゃう言葉7選

HSPは傷つきやすい?

しょう
こんにちは!精神科医のしょうです。

「そんな言葉で傷ついちゃうの?」

「そんな事気にしていたらやっていられないよ」

こういった会話をよく耳にする事がありますよね。

自分が意図しない些細な言葉でも他人を傷つけてしまう事があります、その一方でちょっとした言葉で自分が傷つけられることもあります。

あなたもふとした言葉で傷ついた経験があるのではないでしょうか?

HSPの方は敏感で繊細、感受性が豊かです。

そのため非HSPの人が聞いても何とも思わない言葉でも、HSPの人は気になってしまう言葉があります。

本日は、HSPの人が嫌な気持ちになったり、胸がざわざわしてしまう言葉7選を紹介しますね!

HSPの人が気になってしまう言葉7選

  • 考えすぎ
  • 気にしすぎ
  • 神経質
  • 面倒くさい
  • 無理しすぎ
  • いつまでもクヨクヨしすぎ
  • まだ落ち込んでるの?

いかがでしたか?この言葉を聞いて、何とも思わない人もいれば、なんだかモヤモヤしたり嫌な気持ちになる人もいるかもしれませんね。

これらの言葉はHSPの方は特に気になってしまう可能性があります。それは、HSPの特徴により気になってしまうんですね。

HSPの方は深く処理するという特徴を持っています。

そのため、相手の些細な言葉でも

「なぜこうゆうことを言ったんだろう」

「私が嫌いだからこんな事言ったのかな」

などと深読みしてしまうんです。

もちろん相手を傷つけるつもりで言った言葉ではない事が大半なはず。

しかし、HSPさんはこういった言葉を深読みし、ネガティブに捉え誤解してしまうんですね。

その結果、「あの人は嫌な人」「私は嫌われている」と誤解し、人間関係が悪くなってしまうんです。

そのため、HSPの方はこれら7つの言葉を聞いても深読みしすぎないように意識してみましょう。

そして、HSPの人に対する言葉に限らず、これらの言葉を話すときは誤解を招かないよう十分に説明し、誤解を招かないように意識する必要があるかもしれませんね。

【まとめ】深読みしすぎず誤解されないようにしよう

本日はHSPの方が気になってしまう言葉7選でした。

あなたは何個気になりましたか?

そして、どういう気持ちになったかも教えてもらえると、皆と共有できますのでコメントしてもらえると嬉しいです!

これらの言葉を聞いた時は深読みしすぎないようにし、相手にも誤解されないように十分に説明するのが良いですね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう