アメリカで流行中のカンナビジオール(CBD)とは?歴史や法律について

カンナビジオール(CBD)について


はじめに

本日もサプリメントシリーズの記事にしたいと思います。

カンナビジオール(CBD)って知っていますか?
なんだそれって言う人も多いかと思います、僕も日本にいた時は知りませんでしたw

日本でもサプリメントとして手に入るんですけど、あまり話題になっているのを僕は見たことがありません。
最近になって少しずつ宣伝され始めているようですけど、まだまだ認知されていないのが現状だと思います。

ちなみにアメリカでは物凄い勢いで流行っています。
ホームステイ先のお母さんもCBDオイルを使っていました、アメリカでは広く一般家庭でも浸透してきているようですね。

CBDはマリファナとはちょっと違いますが、アメリカでは州によってはマリファナが合法化され、街でも使っている人はいますしタバコのように吸っているのにはびっくりしました。
カンナビジオール(CBD)は大麻の茎から抽出した物質ですが、向精神作用はありません。
そのため日本でももちろん合法として売られています。

一般的にマリファナが非合法なのは、THC( Δ−9 tetrahydrocannabinol )という物質が含まれているからで、THCには向精神作用があるため日本では非合法となっています。
THCを含まないCBDには人体への様々な有効性があることが知られており、合法でもあるため全世界に広がりつつあり、特にアメリカでは大流行しており、近いうちに日本でも流行ることは間違いないと思われます。

CBDには抗炎症作用,鎮痛作用,制吐作用,抗不安作用や糖尿病,癌,アルツハイマー病 などの予防や治療の有効性が報告されているそうです。
CBDの効果の数の多さ半端ないですね。
その効果について詳しくまとめられた論文についての記事を書きたいと思います。

CBDの歴史

中央アジアを原産とする植物の大麻 cannabis (学名:Cannabis sativa)は,マリファナ marijuana やハシッシュ hashish の原料で多くの生理活性物質を含んでいます。
大麻の持つ陶酔 作用や鎮痛作用は紀元前から知られており, 様々な儀式や医療目的で使用されてきました。
世界的にも大麻が合法化され始めたのは最近ですが、その効果自体は昔から注目されてはいたんですね。

大麻に含まれる生理活性物質は総称してカンナビノイドcannabinoids と呼ばれます。
大麻は 142 種以 上のカンナビノイドを含有しているといわれますが,その主なものはD-9 tetrahydrocannabinol (THC)と cannabidiol(CBD)です。
THC は向精神作用を有し,いわゆる麻薬としてのマ リファナは THC を高濃度に含んでいる一方, CBD には向精神作用はありません。

体外から入れたカンナビノイドが体内で何かしらの作用があるということは、体内にもカンナビノイドが作られるシステムがあるのではと考えられ、このシステムを内在性カンナビノイドシステムと言います。

内在性カンナビノイドは 神経伝達物質の放出を調整することにより,複雑な神経ネットワークをコントロールすることで疼痛調節,運動コントロール,摂食活動,気 分,骨成長,炎症,神経保護作用および記憶や 学習などに関わっていると言われています。

加齢によって内在性カンナビノイドシステムのバランスが崩れることにより、様々な心身の症状が出現した場合に、カンナビノイドを体の外から補充することによってその症状を和らげることができると考えられるわけですね。

CBDを取り巻く法律

大麻はマリファナやハシッシュの原料である ことから、その使用は 1948 年に公布された「大 麻取締法」及び 1990 年に「麻薬取締法」を改正・改称した「麻薬及び向精神薬取締法」によ って厳しく規制されています。

「大麻取締法」で は,第 1 条で大麻を「大麻とは大麻草及びその製品のことをいう。但し大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)並びに大麻草の種子及びその製品を除く」と定義しています。
ちなみにCBDは大麻草の成熟した茎から抽出したもので、大麻の定義からは除かれるわけです。

また、大麻の成分であるカンナビノイドのうち向精神作用を有する成分の化 学的合成品を規制しています。
従って、大麻草成分として向精神作用を有する THC やこれの化学的合成品は規制の対象となります。

まとめると、大麻草の成熟した茎から抽出されており、THCを含まず向精神作用を持たないCBDは、日本に置いて合法になり販売も許可されています

まとめ

本日はCBDの歴史や法律についての記事でした。

内在性カンナビノイドシステムに作用するCBDの効果は計り知れない可能性がありますし、違法でもありません。

今後もたくさんの研究が行われ、更なる効能が報告されると思われます。
現在報告されている抗炎症作用、鎮痛作用、制吐作用、抗不安作用や糖尿病、癌、アルツハイマー病などの予防や治療以外の有効性も発見されていくのではないでしょうか。
現在のアメリカでの流行を見ていると、今後間違いなく日本でも流行ると思われます。

サプリメントについての記事を作るに当たって、一番流行っており注目されているCBDについては今後も詳しく記事にしていこうと思っています。

CBDの代謝や働き方についてはこちら

関連記事

CBD-Infos-com / Pixabay カンナビジオール(CBD)の体内での働き方 はじめに 本日もカンナビジオール(CBD)についての記事にしたいと思います。CBDの効果はあまりに多く、注目度も高いので[…]

CBDの抗炎症作用、糖尿病への効果についてはこちら
関連記事

silviarita / Pixabay カンナビジオール(CBD)の抗炎症作用と糖尿病への効果について はじめに 本日もカンナビジオール(CBD)関連の記事にしたいと思います。 前回まではCBDの歴史や法[…]

CBDの制吐作用、抗不安作用、アルツハイマー病への効果、副作用について
関連記事

カンナビジオール(CBD)の制吐作用、抗不安作用、アルツハイマー病への効果と副作用について はじめに 本日もサプリメントシリーズ、カンナビジオール(CBD)についての記事にしたいと思います。 既にCBDには抗炎症[…]

参考文献:
渡辺 正仁・早崎 華・由留木 裕子他.カンナビジオールの治療効果とその作用機序 .保健医療学雑誌 2018;9(2):112-126