どんな症状があったら精神科に行けばいいのか?

f:id:TAROmental:20190903141107p:plain

精神科にかかるべき症状について

 はじめに

今日は精神科に行こうと思っているけど、こんな症状で行っていいのかな、先生に怒られないかな、なんて考えている人向けに書こうと思います。

 

ご家族に精神科に相談してみたい方がいる場合にも是非読んでみてください。

 

受診した方がいい方

治療意欲

治療意欲ってなんだ?と思う方も多いのではないでしょうか。

 

実は結構大事です。

 

外来に来る方で治療する気はないけど、周りに言われたから渋々来た。無理やり家族や友達に連れてこられたという方が結構多いんですよね。

 

治療する気はないけど一度専門的な意見を聞いてみたかったというのであれば全然ありです。

来たくないのに来た、強引に連れてこられたというのはあまりオススメはできません。

 

基本的には辛い症状があって自ら治療したい方が受診すべきだと思います。

 

周りに勧められたけど自分は必要ないと思っている、そうゆう方は継続治療に繋がらない場合が多いです。

精神科医療は時間がかかり継続的な治療を要することが大半です。継続的な治療ができないと治療結果も中途半端な形になることが多いんです。

 

ただ例外もあります。治療意欲がなくても治療をしなくてはいけない方も少なからずいるのです。

 

どういった方か?

 

それは病状がとても重たい方ですね。

 

幻覚妄想状態、著しい躁状態、うつ状態、命の危険にあるような状態、他者を傷つけてしまいそうな状態etc

このような状態は専門家の診察を要し、必ず治療が必要な状態です。

 

上記のように病状が重いと自分自身では正常な判断ができず、治療が必要なのに頑なに拒否してしまう方が多いんです。

現実検討能力が落ちていると表現します。

 

家族の中に治療が必要な人がいて悩んでいる方も多いのでは?

 

これまでの本人とは様子が大きく変わってしまった、社会的機能が落ちてしまったという方は治療できる方もいるかもしれません。

 

家族だけの相談も可能です、受診を勧めます。本人が頑なに拒否する場合には入院治療ということになるかもしれません。

 

こんな症状があったら精神科にかかった方がいいかも?

幻聴、妄想、自我障害、抑うつ気分、意欲低下、不安、イライラ、食欲低下、不眠、職場でうまく行かない、人と接するのが苦手、落ち着かない、空気が読めないetc

 

上記以外にも精神症状は多岐に及びあり、あげたらキリがありません。上記以外でもこれまでになかった何らかの精神症状が出ているのであればすぐ受診しましょう。

 

時々、患者さんで「眠れないだけで病院に来てすみません」「こんな悩みで来てすみません」とか言われることありますけど、来ていいんですw

 

眠れないのってめっちゃ辛いですから。

 

不眠について詳しくはこちら

taromental.com

 

受診すべきか微妙な方

ただ悩みを聞いてほしいというような受診は病院によっては嫌がられてしまうかも?しれません。悩みがあって眠れなくなっている、落ち込んでいる、不安で落ち着かない、吐き気や頭痛がする等といった症状があれば受診した方がいいです。

 

先日、50代の夫、子供がいる女性が来院しました。かなり悩んでいる様子でしたが、社会生活に支障が出る精神症状はありませんでした。

 

悩みの内容は、「職場の後輩を好きになってしまって悩んでいる」というものでした・・・。

その男性には思い切って告白したそうですが、今はその気になれないと言われ、連絡も素っ気なくてどうしたらいいかわからないと話していました。

 

友人にも相談話しづらいし家族にも勿論聞いてもらうことはできないと。

僕も内心、「それは相談話しづらいですよね・・・」と思いました。

 

本人としては悩みは相当深いものと思います。

ただ、治療できるかと言われると難しいです。社会生活に支障が及ぶような症状が出ていれば、精神科の薬で症状をほんの少しでけ症状を緩和してあげることはできると思います。

 

でもそれって根本の治療とは言えないですよね。

 

まあこの方にとっての根本治療ってきっとその男性とお付き合いすることなんだと思いますが、医療でできることでも勿論ありません。

 

とりあえずは周りに話せない内容なので病院にいらしたようでした。お話を聞いて満足して帰って行かれたのでホッとしましたが、一方で少し複雑な気持ちでした。

 

 それでも病院には行きたくない方へ

治療は必要だと思うし、それは分かっている。でもなんだか怖い、外に出たくない、病院に行きたくない、薬を飲みたくないという方もたくさんいると思います。

 

そういった方に対して何か力になれることはないかと考える今日この頃です。

 

アメリカに滞在しているとわかりますが、サプリメント大国です。日本にはあまり出回っていない精神面に効果の望めるサプリメントも多くあります。 

 

アメリカでは日本の保健制度とは異なり、医療費が高いため自分でサプリメントを買ってきて、精神症状に対処している方も数多くいるようです。

 

こういったものが使用できれば少し苦痛が紛れる方もいるのではと思いました。

いつかそういったサプリメントをご紹介できればと考えています。